読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

ユニクロのドライストレッチパンツ(ウールライク) 三十路半ばのありふれた春夏用通勤用パンツとして

AD

ユニクロのドライストレッチパンツ(ウールライク)

三十路半ばを過ぎて、通勤着を少し見直すことにしました。職場の服装規定は特になく、短パンや襟なしTシャツ辺りはさすがに浮いてしまうかなといったところ。これまで、通常の内勤の場合は、ユニクロのファインオックスフォードボタンダウン白長袖シャツに、グレーのスリムフィットチノパンをコーディネート。
これはこれで、職場的には十分なのですが、個人的に普段使いの通勤革靴に中高生御用達ハルタの合皮コインローファーをセレクトしたので、いっその事ボトムスパンツもグレーパンツスタイルはそのままに別途見直そうという流れになりました。

通勤にコインローファー、しかも大人がハルタのローファーとは何事、スリッポンなんてオヤジの餃子靴ですかと思われる方もいらっしゃるでしょう。今回のボトムスパンツの見直しにあたっては、三十路半ばの中年オヤジをさらに自覚して、素直にスラックスに移行しようというもの。ローファーにスラックスなんて、少し前の僕だと絶対に組み合わせなかったアイテム。良くも悪くも、気を抜きたいという気持ちの表れだと思ってください。

いわゆるディスカウントスーツショップなんて数年前に冠婚葬祭用のフォーマルスーツを購入して以来訪れていませんし、今の時代日常着の第一選択はユニクロで十分という気持ちもあるので、今回も愛用するユニクロから選ぶことに。
ゆるいミニマリストなので、モノ選びの基本は定番ベーシック、ロングセラー、オールシーズン対応辺りが基本。丁度ユニクロでセミオーダーセットアップスーツのサービスが開始された頃だったので、そのスラックスパンツにしようかと思いました。
しかし、やはり最近夏に悩まされるデリケートゾーンのムレ痒みが頭をよぎり、モノは増えるけれどドライ機能のあるパンツに切り替えることに。そのような理由で選んだのが、春夏の売れ筋でもある、ドライストレッチパンツ(ウールライク)。

ユニクロのドライストレッチパンツ(ウールライク)。色は僕のボトムスパンツの基本カラーであるライトグレーを選択。三十路半ばと中年オヤジを自覚しての通勤用スラックスなので、ウールライク一択。シルエットは適度にスリムな感じで、裾がムダにヒラヒラすることもありません。
肝心のドライ機能ですが、やはり普通のチノパンとかと比較するとムレ低減効果は抜群。愛用し始めたエアリズムメッシュのロングボクサーパンツとの組み合わせは最高で、椅子に長時間座ってもお尻周りが汗でしっとり濡れて気持ち悪いということもありません。

三十路半ばの大人として積極的か消極的かは微妙ですが、春夏通勤着の制服化として切り替えたユニクロのグレーなドライストレッチパンツ(ウールライク)。モノを持たない暮らしなミニマリストよろしく、オールシーズンこのパンツで通勤できるかは微妙です。恐らく寒くなる秋冬には、少なくともオールシーズン対応のユニクロセミオーダーシリーズのスラックスをセレクトする可能性があるでしょう。
職場は基本クールビズ対応なので、このドライストレッチパンツにこれまで通りファインオックスフォードボタンダウン白長袖シャツを組み合わせて過ごそうかと思います。

それにしても、自分も歳を取ってきたなぁと改めてスラックスパンツを手にしながら思う今日この頃。年相応の普通のコーディネートということで、自分自身に少し納得させるような感じ。そして、いい具合に歳をとりたいと思う今日この頃。大切な人からは「オヤジくさい!」と言われること必至ですが…。