読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

ユニクロのパックTシャツ 暑い春夏のオフのワンマイルウエアてして

衣のモノコト シャツ
AD

ユニクロのパックT

昨年(2015年)辺りでしょうか、女性の間でユニクロのメンズのカラーパックTシャツ(ドライカラーTシャツ)が流行ったのは。dマガジンでチェックしている女性ファッション雑誌でプチプラアイテムとして取り上げられているなぁと思ったそばから、Instagramでもコーディネートが拡散していてたものです。このユニセックスな活用について、今年は同じくメンズの少し厚手でしっかりとしたポケット付きビッグTシャツ(ビッグシルエットポケ付きT)辺りがそのポジションを担う雰囲気。

個人的にも胸が透けにくい厚手のTシャツが好きですが、真夏の炎天下での着用を考えているのでパックTシャツを昨年に引き続きセレクト。去年までオフの日のパンツは長年愛用しているグラミチのカーキベージュなナローパンツとしていたので、それに合わせてパックTシャツは軽めのライトグレーを購入していました。
今年から、物は試しということで、オフの日用のパンツをグレー色がラインナップされているユニクロのジョガーパンツ(グレーのウールライク及びドライタイプ)に切り替えたので、それに合わせてパックTもダークネイビーに。コーディネートにおいて、ネイビー×グレーは鉄板ですし、個人的にも一番好きな組み合わせ。これまでのグレーのシャツは基本的に部屋着兼寝間着に移行することに。

別にTシャツに限った話ではないのですが、シャツ全般、胸の突起が透けてしまうとか脇汗シミ対策をどうしましょうという問題があります。この辺りは、今回のネイビー色もそうですが、インナーに同じくユニクロのエアリズムメッシュVネックTシャツを挟むことで、ある程度解消されるものです。
ユニクロのパックTはクルーネックタイプしか試していないので分かりませんが、クルーネックならばエアリズムのVネックを着用しても袖や首元から肌着が見えることはありません(どちらも同じSサイズの場合)。それも考慮してのクルーネック選択。

さらに個人的ですが、無地の色柄物となると、愛する毛足の長い娘ネコの毛が着いて目立ってしまうという問題があります。正直、目立ちにくい白ホワイトにしようかとも思いましたが、逆に別の汚れが目立つ、もう若くはないので似合わないかも、人間一番カラダが細く引き締まって見える効果があるのは紺色ネイビーらしい(何かのTV番組の受け売りです)等々から、ネイビー色に落ち着いたところです。

ものを持たない暮らし、ミニマリスト観点からすると、個人的には長袖の薄手の無地Tシャツ辺り(ユニクロならば定番スーピマコットンTシャツ)をオールシーズン使い倒すのがすんなりきます。かつてセントジェームスの厚手のウェッソン長袖無地を愛用していたときに薄手のモーレ(ピリアックと同じ薄さ)辺りを考えましたが、真夏の暑さには半袖でしょうということでパックTに手を出した次第です。

ジェンダーレスなアイテムというか活用が目立つユニクロですが、最近の火付け役とも言えるかもしれないメンズのパックT。部屋着兼オフのワンマイルウエア的に活用しています。
コスパ良し、乾きも早く、色も豊富ということで梅雨の時期含めて春夏大活躍するアイテム。年齢的に何時まで半袖Tシャツが似合うか(着ても貧相ではない)分かりませんが、似合い続けたいとも思いますし、残念ながらそうなったらまたそれはそれ。無地の長袖Tシャツへと段階的に移行かなぁと思います。