dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

グランズレメディの靴用消臭除菌パウダー 期待以上の抜群の効果で安心の一言

AD

靴の中の消臭除菌にグランズレメディ

若い学生時代から時を経て、新陳代謝が悪くなったのか食生活を改善したせいか、そもそも年をとったせいかは分かりませんが、昔ほどは足の臭いに悩むことも無くなりました。ただそう思っているのは自分だけであったりもしますし、そもそもエチケットとしてどうなのということもあるので、時々消臭スプレーで靴の中の消臭と除菌を行っていました。

 

少し前から、足の臭いだけと言わず、忍び寄る加齢臭ではありませんがカラダの臭い対策や清潔感を保つという面から、薬用ボディソープであるクリアレックスWを使用し始め、これがもう個人的には抜群の効果を発揮。足を含めカラダの臭い対策については、個人的な定番アイテムができたので、次は一応靴の中自体の消臭除菌商品をチェックすることに。

 

これまで真剣に悩むこともなかったので、いわゆるフットケア方面には疎いものです。取り敢えず困った時のアマゾン先生ということで、靴の臭い消し辺りをチェックすると、ニュージーランドのグランズレメディという除菌消臭パウダーがいい具合な感じ。売れ筋のようで、レビュー多数かつ高評価。もしかして、知らなかったのは自分だけ状態かもしれませんが…。

そこで丁度、普段の通勤靴を、社会人なのに中高生定番のハルタの合皮ローファーに切り替えたのをきっかけに、お試し感覚でグランズレメディを使用してみることに。

朝の出がけに付属の小さなスプーン一杯のパウダーを靴の中に振りかけ、軽く靴自体を振り薄っすら満遍なく行き渡るようにしてから靴を履き、仕事に向かうということ一週間ほど。疲れ果てて帰宅して、もしかしたら匂っている?ということも感じず、確かにレビュー通りの大きな効果を体験した次第です。

 

この手のアイテムは人それぞれに合う合わないがあると思いますが、個人的にはベストセラーでもあるグランズレメディはピッタリでした。毎日の朝に小さなスプーン一杯振りかけることを一週間ほど続け、その後はなんだかんだ一週間弱毎に一匙といった使用量。

白い粉を靴の中に入れて歩いたりしているので、直後二時間ほどは脱ぐと靴下に粉が吹いている状態になり、床やカーペットに上がるのを少し躊躇するところが不満といえば不満です。もちろん、靴の中は知らず知らずのうちに足の汗が充満されるので、昼過ぎ頃には粉も溶けて目立たなくなってきます。

 

靴の臭いを除菌しながら防ぐ、ニュージーランドのグランズレメディ。普段使いの革靴やスニーカー、夏のサンダルや冬のブーツまでもちろん使い回せ、男性女性問わず、そして使用量的にも家族みんなで愛用しても十分な感じ。

個人的には、先に挙げた薬用ボディソープであるクリアレックスWとこのグランズレメディで、気になるカラダの臭いは結構防ぐことができるかなぁと感じるところです。

 

Amazon.co.jp:グランズレメディ ORIGINAL(無香料) 50g 並行輸入品

薬用ボディソープ クリアレックスW カラダのニオイや肌トラブルの解決に こちらもオススメなボディソープの初めてのレビュー記事。