dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

ユニクロの無地カラーソックス(消臭機能付き) 今更ながら普段使いの定番アイテムに

AD

ユニクロの無地の靴下

一時期、靴下において高い速乾消臭機能を謳うアウトドアブランドのウォーキング用ソックスなどを試していたこともありますが、一年ほど浮気もせずユニクロで最もベーシックな靴下である無地カラーソックスを使い続け良い具合なので、これからも愛用することにしました。

 

その昔、足や靴の汗によるムレや臭い対策として、靴下自体色々試したものです。もちろん、夏場だけの問題ではなく、足下から冷える冬の寒さ対策も含めてのところ。

例えば、機能的にも価格的にもある程度納得のいくアウトドアブランドの比較的ソフトな街歩きウォーキング用ソックス。機能的には素晴らしかったのですが、当たり前ですが靴を脱ぐとやはり今一歩も二歩もカジュアルすぎる感じ。ロゴが目立たないもの、色味も普通な靴下を選んでも、普通のベーシックなチノパンですら合わせるのが少し難しいもの。デザインや生地から醸し出される雰囲気の問題です。

さらに、自分の足や靴との相性もあるでしょうが、非日常的ではなく、普段の毎日の生活で使い続けていたせいか、信頼しているアウトドアブランドといえど思っていた以上に早く踵あたりが擦り切れてしまって、少し期待外れな感じが続いていました。

 

僕が普段使いの靴下に求めるのは、無地で落ち着いた黒や紺色ダークネイビー、ダークグレー辺りの色味、消臭や防臭機能が付いているもの、そして普通のロングソックスであるということ。

その辺りの所謂「Life Wear」としては、もちろんユニクロをチェックしていたのですが、一番目立つ陳列がなされていた無地カラーソックスには積極的に手を伸ばしてきませんでした。理由は消臭なりドライ機能のロゴが目につかなかったからです。

どうしてもその辺りの機能を追っかけていたので、ユニクロで言えば、春夏辺りにワゴンに入っている中途半端丈のスポーツ系ソックスを見かけては、結局手に取らず…が続いていたものでした。

 

たまたま二人暮らしが再開して食生活も改善されて、そして色々と入用な事も多くなったので節約も込めてユニクロの定番ベーシックな無地カラーソックスを履いて一年。なんだ結局のところ、これでも良いじゃないという、半ば当たり前な結論に至ったということです。

さらに、先日、手持ちの靴下を同じ無地カラーソックスの同色ダークグレーでまとめ買い替えした際、ユニクロアプリのバーコードスキャンによる購入履歴から、このアイテムに消臭機能付いていたんだと、恥ずかしながら初めて気がつきました。昔から消臭機能が付いていたのか、ある時からなのか定かではありませんが、まぁデザインと機能の両面で納得のアイテムということで個人的には十分OK。

 

ユニクロの定番ベーシックな無地カラーソックス(消臭機能付き)。仕事でのジャケパンスタイルなスラックスやきれいめチノパンの際にも、カジュアルな革靴に合わせるのはこの靴下。さすがにスーツに黒のストレートチップ黒革靴の際はビジネス用の黒いソックスを履きますが、個人的なワークスタイル的には殆どこのユニクロの無地カラーソックスで過ごしています。

消臭機能が付いていたとは知らなかったユニクロの無地カラーソックス。良い悪い別にして、益々ユニクロ依存が激しくなってくるのは歳のせいとでも思って、細かいですがようやく個人的にベーシックな靴下を見つけられてホッとしているところです。