dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

ユニクロのセミオーダーシャツ(ボタンダウン) 気持ちの良いオンオフ兼用白シャツ

AD

ユニクロのセミオーダーシャツ(ファインクロスストレッチスリムフィットオックスフォードシャツ ボタンダウン)

ユニクロがセミオーダースタイルのシャツとジャケットの販売サービスをスタートしてから、試そうと思っていました。

僕は身長が低く、けれど肩幅と胸板はしっかりで標準体重というスタイルなので、大抵の既製品を首周りや肩幅にシャツを合わせると、袖丈がだらしないくらい長くなってしまいます。おまけに、ジャケット着用の際は、袖口からのシャツがチラリと覗かないと気持ち悪いと常に思っているので、その辺りの塩梅はファストファッションでは無理だなぁと思っていました。

ですから、カッチリとしなければならない際は、その辺りを補正してあるマーガレットハウエルのシャツとジャケットという組み合わせがここ数年の定番スタイル。ですが普通のサラリーマン、日常用としてはファストファッションに頼らざる負えないので、京都でも採寸可能な店舗が登場したタイミングでユニクロのセミオーダーを初体験してきました。。

 

取り敢えず、クールビズ始まりますよね、そしてそもそもノーネクタイ&ジャケット着用の必要無しな職場ということで、ここ2年間ほど愛用しているファインオックスフォード生地でボタンダウンの白長袖シャツを念頭に採寸を店頭でお願いしました。

これまでユニクロの既製品白シャツでは、レギュラータイプのSサイズが僕の基本で、ジャケット&ネクタイ着用のスペアとしてはスリムフィットタイプのMサイズを選択していました。そう、普段のノーネクタイの際は第一ボタンを外しているので少し肩幅は窮屈ですがSサイズで乗り切り、ネクタイ着用の際は首周りと肩幅ジャストだけれども袖丈がやたら余るスリムフィットMサイズをセレクトしていました。

 

ユニクロのお店での採寸の際に着用していたのはレギュラーのSサイズ。採寸が始まり、Sサイズ厳しいですよねと指摘されたので、スリムフィットのMサイズならばジャストだから袖を詰めて短くしてほしいと要望。シャツの採寸の際、ジャケットの計測も要望したところ、こちらもスリムフィットを提案されたので、こちらも今回のセミオーダーシャツの袖がジャケットの袖口から覗くこと、着丈はお尻が隠れることという当たり前な要望ですがしっかりと伝え、両アイテムの採寸が完了。

 

また別の機会にちゃんと記そうかと思いますが、ユニクロの店舗でセミオーダー担当の社員さんは想像以上に訓練されていて、こちらがイメージしているスタイルと向こうが提案してくるスタイルに違いも無かったので、非常に満足しています。

 

店頭の採寸後に、計測結果(シャツ: スリムorレギュラー、ボディサイズ、首周り、裄丈)が記された名刺サイズのカードを頂き、記載されている結果に従いオンラインで注文した次第です。取り敢えず、ノーネクタイ&ジャケット着用無しが基本で、クールビズ&ウォームビズ辺りは奨励されているような職場なので、今まで通りオールシーズン使いまわせるファインオックスフォード生地のボタンダウンシャツを3枚手元に。

しばらくしてから、次はファインブロード生地のレギュラーカラーの白シャツと、ジャケットの方も注文することでしょう。

 

ユニクロのセミオーダーシャツ。長年、特に袖丈(裄丈)のサイズ辺りでシャツとジャケットの組み合わせについて悩んできた身としては、お求め安いファストファッションでここまで対応してくれれば満足の一言。生地や縫製の品質云々となれば、まだブランドアイテムと比較するといまひとつ感は拭えませんが、Life Wearな日常着としては十分です。

カラダにフィットした白シャツで気持ちよく過ごすこと。些細なことですが幸せに感じる瞬間です。