読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

案外、うどん好き 自炊麺料理は手軽で万能なうどんが便利

食のモノコト ごはん・麺類など
AD

ぶっかけうどん 夏バテ気味な時の深夜ひとり飯

働いて疲れ果てて帰宅した時など、自炊したくないなぁと思うこともしばしば。そんな時はきまってお茶漬けかうどんで済ませてしまいます。もう一歩踏み込んで言えば、白ごはんを炊くことすら面倒だし時間もかかるという時は、うどんの登場。そして一番お手軽なのは、取り敢えずのぶっかけうどん。

 

個人的には麺類よりも白米の方が好きなのですが、ラーメン、蕎麦、うどん何でもござれというほど麺も好き。小さい頃から休日のお昼の食卓にはうどんが出ていましたが、同じ炭水化物でもうどんよりは白米推しでした。大学に入り横浜で一人暮らしを始めると、案の定自炊は疎かで、横浜家系ラーメンもしくは大学側の蕎麦屋で啜るのがいつものパターン。

学生時代に今の大切な人としばらく二人暮らしをしていた際に、家の料理ではうどん推しという相手に素直に従う感じで、徐々にうどん好きに。

 

スーパーに行けば冷凍うどんに袋麺の茹でうどんとお求めやすく何時でも手に入るし、冷たくても温かくても、時にはフライパンで焼うどんにしてもサラダうどんにしても美味しいということで、家での自炊にはうどんは使い勝手良いですよね、ということ。

袋の茹でうどんは適宜、電子レンジでチンして温められる冷凍うどんは取り敢えず常備している生活。冷凍うどんもより美味しくいただくために、レンチンではなく雪平鍋で茹でるのが、大切な人から教わったスタイル。

僕ひとりでは、袋麺と冷凍うどんを使い分けて料理するなんて少し難しいものですが、まぁ案外どうしてうどん好きになってしまったという、夏バテ気味の蒸し暑い夜に独りぶっかけうどんを啜りながら思い出した小さなお話。