dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

アマゾンKindle Unlimited読み放題サービス開始 有料図書館&立ち読みサービスのようなもの

AD

Kindle Unlimited電子書籍読み放題サービス 有料図書館&立ち読みサービスのようなもの

2016年八月初旬、ようやく日本でもアマゾンがKindle Unlimited(電子書籍読み放題サービス、以下KU)をスタートさせました。本好き読書好きとしては、30日間の無料トライアル期間云々抜きにして、TwitterのTLでサービス開始を知った直後に加入。元々、プライム会員だったので、ラインナップを詳しくチェックせずに文字通り速攻で登録。

 

KUが書籍の流通や出版業界の業績に与える影響なんて堅苦しいことは別として、ものの数時間で本来の月額1000円程度は十分に元を取った多読な僕の簡単な感想を…。

KUに触れて思ったのは、既に手垢のついた感想でしょうが、Kindle Unlimitedは「有料の図書館」であり「有料の立ち読みサービス」であるということ。

 

有料図書館について。読み放題サービスではありますが、手元に積ん読ことができるのは10冊までというのは、借りられる冊数が決められている公共図書館サービスと同様であり、それが民間企業であるアマゾンが電子書籍を対象に有料会員向けに行っているというだけと言えます。

 

次に有料立ち読みサービスについて。Kindleに限りませんが、電子書籍販売サイトに対して大きな不満を抱いていたのは、立ち読みができないこと。勿論、目次含め冒頭の10ページ位は大抵サンプル立ち読みとして可能ですが、リアル書店のように全体に渡りパラパラ確認して気に入ったらレジに直行という事ができません。

今回のKUでは、読み放題サービス対象の書籍がコロコロ変更や期間限定となるようなことは十分予想出来ますが、有料ですが対象書籍を十分立ち読み可能となることには間違いありません。気に入って、仮にある時読み放題サービス対象外になっても、本当に必要であればKindle電子書籍単体もしくはリアル書籍をワンクリックで購入すれば良いのです。

 

大手出版社が参加していない云々あるでしょうが、雑誌や漫画コミックで既に月額料金支払いの上で読み放題を展開している先行サービスは、良くも悪くも恐らく数年のうちにはKUに駆逐されてしまうような気がします。

 

僕個人が本好き読書好き、しかも多読な人間ということもありますが、雑誌などのマスで旬な情報は例えばSmart News(スマートニュース)などの雑誌提供チャンネルで追っかければ済む話なので雑誌の登録数の多い少ないは正直気になりません。また、例えば燻製の作り方やヨガなどに興味がわけば、Google先生に尋ねるだけだったこれまでから、取り敢えずKindle先生に尋ねてより専門の知識をその場で得ることも日常的になってくることでしょう。

 

勿論、知的好奇心の満たされ度合いにもよりますが、個人的には上記のような使い方が定常化すれば、どう考えてもKUでその書籍に触れる機会の増加は見込めるはずで、つまりは機会損失云々の観点から大手出版社含め早々と参加を決めれば良いのに…と素人ながら思ってしまいます。

 

最後に、Kindle paperwhiteやfireなどのアマゾン謹製専用端末の購入も考えるほどKUを気に入ったのですが、今はまだスマホiPhoneのアプリでの閲覧。人それぞれでしょうが、読書好きとしては、スマホ占有アプリの上位トップにいきなりKindleアプリがランクインといったところ。この辺り、スマホアプリサービスの動向も少し気になるところ。なにせ、iPhoneでもKUに関してはKindleアプリに内蔵されたブラウザから一発でダウンロード可能なのですから便利になったものです。