dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

平山枝美さん 書籍『売れる販売員が絶対に言わない接客の言葉』 お客様と向き合う全ての方に

AD

平山枝美さん 書籍『売れる販売員が絶対に言わない接客の言葉』

フォローしているTwitterのTL辺りで見かけてのチェックです。特にアパレル業界に身を置いているわけではないのですが、対外的に営業や接客、コンサルタントなど目の前で「お客様」と触れる機会がある業界の方には参考になるでしょう。

本書では、アパレル業界で経験を持つ平山さんが、お客様への声かけのタイミングや買っていただくためのその具体的な内容ノウハウ、気持ちの持ちようなどを惜しげもなく披露されています。

 

読んでいて思い出すのは、少し前に某ブランドの洋服を好んで買っていた頃に(今でも気になるし大好きですが)、接客して下さった女性と男性スタッフさんのこと。
ネットの時代、初めてのブランドでも雰囲気やコーディネートの妙などが分かる時代。暮らし方含めなりたい自分像にそのブランドが寄り添っていくれれば素敵だと思い、色々と事前調査しての初訪問。先輩である女性スタッフの気さくかつ自身溢れる接客は力強く僕の背中を押してくれたものでした。

 

結局、その女性スタッフと後輩であろう男性スタッフの方から、数年にわたり各シーズン、少しずつアイテムを揃えてトータルコーディネートの完成。今でも愛用していますし、また余裕が生まれれば通いたい、その店舗というよりも、そのスタッフさんから買いたいと思うほど。
自分の性格上、気が強い自身溢れる女性とは何故か上手くいくので、良い出会いだったなぁと思います。

 

次シーズンの声が聞こえる頃、自分が思い描くようなアイテムが入ってくるかを確認するために店舗に訪れ、接客の邪魔にならないように雑談する事もありました。別にそのブランドの服を着ていない時も僕のコーディネートはチェックされていて、実際にアイテムを購入する際に、「この間身につけられていたアイテムとこの様な雰囲気でコーディネートもいけますよ」と、こちらが何も言わなくとも近しいアイテムと合わせながら説明して下さったものです。ブランド違いやドレスダウンなコーディネートに自信がなかったので、非常に参考になりましたし、有難かったものです。

 

専門外ですが、平山枝美さんの本書『売れる販売員が絶対に言わない接客の言葉』はアパレルスタッフさん向けに、お客様への声かけのタイミングや具体的な内容、売り上げに直結するような真面目なノウハウが惜しげもなく披露されていると思います。正直、そんなノウハウのウラを知ったとしても、この平山さんに接客されて気持ちよく服を買いたいと思うほど。アパレルスタッフさんだけでなく、「お客様」と直接触れ合いながら働く方にオススメです。

 

Amazon.co.jp: 売れる販売員が絶対言わない接客の言葉