dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

ユニクロのヒートテックストレッチスリムフィットパンツ 三十路半ばの秋冬用通勤用パンツとして

AD

ユニクロのヒートテックストレッチスリムフィットパンツ

今年の春から、オンオフ兼用のつもりで通勤着をチノパンからスラックスに変えました。スーツ着用が義務付けられていない職場ですが、三十路半ばも過ぎて年相応の格好をと思い直したからです。

オールシーズン使えるスラックスも考えたのですが、結局、春夏は通気性に優れるドライストレッチパンツのライトグレーをセレクト。それでは、寒い秋冬はどうしましょうということで選んだのが、こちらのパンツ。

 

僕のカジュアル通勤パンツの選び方は比較的シンプル。色は万能なグレーであること、お尻がパンパンにならない程度のスリムフィットであること位でしょうか。

ユニクロでも仕事に使える秋冬用の様々なスラックスが揃っていますが、手入れのしやすさと保温性を考えて、化繊なヒートテックを選んだ次第です。あとは、小さな(個人的には大きいのですが)理由として、気に入った色味のグレーが揃っていたというところ。

 

普段使いの通勤仕事用パンツの共通点は、グレーのスラックスというところ。オールシーズン対応ではなく、春夏、秋冬と異なるスラックスとなるので、ゆるいミニマリストとしては持ち物が多くなってしまいますが、機能性と見た目の暖かさには敵いません。

暑い春夏用にドライストレッチパンツ、寒い秋冬用にヒートテックストレッチスリムフィットパンツという両極端で中間がありませんが、季節の変わり目の微妙な時期は、エアリズムやヒートテックなアンダータイツで温度調整可能です。

 

因みに、トップスの基本となる白シャツに関しては、オールシーズン通してユニクロのセミオーダーで手にしたファインクロスなオックスフォードボタンダウン白長袖シャツ。その白シャツと併せて、今回の秋冬用通勤スラックスパンツのセレクトをもって、部署異動や仕事内容の大幅な変更がない限り、僕の仕事通勤なオンスタイルの基本はある程度出来上がりといったところです。

 

ユニクロのドライストレッチパンツ(ウールライク) 三十路半ばのありふれた春夏用通勤パンツとして