読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

2016年良かったモノコト AbemaTV テレビで地上波放送を殆ど観なくなった

AD

AbemaTV 地上波は殆ど見なくなった

2016年もあと僅かということで、今年僕のライフスタイルに良い影響を及ぼしてくれたモノコトを振り返り。先ずは、エンターテイメント面ということで、代表格としてサイバーエージェントがテレビ朝日と組んでリリースしたAbemaTVを。

 

AbemaTV(アベマ)は、いわゆる多チャンネルを抱えるインターネットテレビ放送局。特徴としては、スマホで手軽にザッピングしながら気に入った番組を基本的に無料でチェック出来るところでしょうか。アプリを開いただけで番組チャンネルがストリーミングされて、後はスワイプしながらチェックするだけというUIが本当に便利。

四月にリリースされて、暫くして一部オンデマンド放送にも有料で対応したので、直ぐに加入。気に入った番組やプログラムが結構あったので、特に迷わず課金という流れ。

 

オンデマンドサービスのために月額課金したきっかけは、深夜バラエティ番組が理由でした。中でも、深夜ラジオなノリの、ライムスター宇多丸さんの「THE NIGHT 木曜日」はHIP HOP系の音楽に本当に久しぶりに色々触れられたきっかけを与えてくれた番組。その他にも、フリースタイルダンジョン、矢口真里さんの音楽アイドル紹介番組や、フェスの生中継放送など、基本的にAbemaTVで色々広がったのは聴く音楽のバリエーションでしょうか。

 

かつてスチャダラパーのJ RAPにリアルタイムで触れ、そこから洋楽R&Bに流れた身。AbemaTVで、R-指定さんのユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)、サイプレス上野&ロベルト吉野さん、フェスのプレイでSuchmos(サチモス)辺りはヘビロテ。ミュージックビデオ特集か何かで、水曜日のカンパネラ、在日ファンクあたりを知り…と、まぁ音楽面でポジティブな広がりを与えてくれたのが、AbemaTV。

 

音楽なんて仕事には一切関わりないし、青春時代を謳歌しているわけでもないので、何か特別なシチュエーションとリンクされることも大人になればそうそう無いので、これからの人生で何処まで残っていくかは分かりません。まぁ多少の彩りは与えてくれるかなぁ…位でしょうか。通勤時、自宅での作業中にループさせる感じ。

 

AbemaTVは多チャンネル放送局なので、その時々気分に合わせてチャンネルを選択して気軽にかけ流す感じ。dTVやNetflix、Amazonプライムビデオなどの作品ごとのオンデマンドストリーミングサービスの場合、観る番組を探す手間、いつでも観られるよねという安心感で、なんだかんだ一つ壁を乗り越えないとヘビーには使いづらい感じがあります。のめり込めるドラマや映画に当たれば一気にチェックしてしまうのですが…。

 

大人になって久しく、もう中年の域になると、音楽やテレビ放送などのエンターテイメント辺りは良くも悪くも消耗品。気軽にチェック出来るAbemaTVアプリはその辺りの行動に個人的にピッタリと嵌ったということ。

スマホで気軽にチェック出来るのAbemaTVのおかげで、お陰でいわゆる地上波のテレビ放送は月に一回電源をONする程度。いっそのこと、AmazonのFire TV stickでも差して、AbemaTVとプライムビデオ辺りを大画面で流すことにしようかと思うほど。

 

この辺りの思考というか視聴行動も、家族が増えたりしたらまた変わるものでしょうが、取り敢えず、2016年に体験して良かったモノコトの一つがAbemaTV。来年も暫くは引き続き同じように楽しむことでしょう。

 

Amazon.co.jp:Fire TV Stick