dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

2016年良かったモノコト ミニマリスト一人暮らしの自炊生活を支えてくれた調理器具

AD

ミニマリストな独身オトコ一人暮らしの調理器具

また再び独り暮らしに戻って殆どを過ごした2016年。昨年の自炊習慣を引き続きということで、仕事帰りの平日の夜も含めて、基本的には何かしらの料理を自炊。

 

緩いミニマリストというか持たない暮らしの構築を目指し、少しずつではありますが調理器具のセレクトと見直しを繰り返してきました。その結果、全くの他人の来客など殆どない我が家の自炊生活を支えてくれた調理道具は三つ。

最古参であるリバーライトの鉄の炒め鍋(鉄のフライパン代わり)、アルミの雪平鍋(行平鍋)、そして最近手にしたアルマイト加工のアルミ浅型鍋の三つです。

 

別に調理器具に限ったことではありませんが、定番であること、永く使えること、万能であることを基準に熟考を重ねてのセレクト結果。

 

衣食住を丁寧に紡いでいきたい、その真ん中の「食」は根幹をなすもので大切にしていきたいとの想いで、来年も引き続き拙いながらも自炊生活を続けていきたいと思います。

 

Amazon.co.jp: リバーライト 極ROOTS 炒め鍋 26cm

Amazon.co.jp: 谷口金属 和の職人 深型 ゆきひら鍋 22cm 日本製

Amazon.co.jp: パール金属 浅型 両手鍋 26cm 鍋蓋付 ガス火専用 アルミ クックオール H-1898