読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

ユニクロの超極暖ヒートテックインナー 薄手のアウターコーデを実現する暖かいインナー

衣のモノコト 下着
AD

ユニクロの超極暖ヒートテックインナー

12月中下旬に新発売されたユニクロの超極暖ヒートテック(ウルトラウォーム)をシャツ、タイツ共に購入。オトコなのに寒さには滅法弱いので、2016年の発売直後、クリスマスの頃には既に手にしていたアイテム。これでヒートテックは普通の厚手タイプ以外、つまり極暖と超極暖タイプの二種類を所有することになりました。

 

京都在住ですが、これまで愛用していた極暖タイプでは少し寒く、正直なところアウターの下に最低限ミドラーとして厚手のアイテムを挟まなければ、特に冷え切った早朝出勤が辛いものでした。

例えば、インナー、オックスフォード白シャツ、メリノウールな薄手ハイゲージニットセーター、アウター(ステンカラーコート&モンベルのインナーダウンもしくはモンベルのフラットアイアンパーカー)と重ね着したいところが、まだまだ寒いために、着膨れなど無視して薄手のフリースジャケットを挟む始末。暖かいとされているフラットアイアンパーカーも、所詮は重ね着の一番外側に羽織るビレイパーカーよね…ということ。

 

そこで取り敢えず、少し薄手のスウェットですかと思うほどのこの超極暖の上下に切り替えたところ、お洒落無視で重ね着していた中間着フリースは不要に。

年が変わり1月センター試験付近の全国的な大寒波の際、最低気温が零度以下、最高でも5、6度付近でも早朝出勤に耐えられたのはいい具合。

 

残念だったのはVネック、九分丈や七分丈辺りのシャツがリリースされなかったこと。一番暖かい厚手インナーはクルーネックしかラインナップされないのはアウトドアブランドではよくあることですが、そこはLife Wearを謳うユニクロなので広げて欲しいところ。この辺りは来年に期待ですね。

標準で一番最初に出た薄手のヒートテック以外の極暖、超極暖の二タイプで季節の変わり目、秋冬を乗り切る予定。

 

ユニクロの極暖ヒートテックVネックシャツ 見えないところで着込みたい

ユニクロの極暖ヒートテックタイツ 大人が寒そうに歩くのは避けたいところ