dodolife blog

ミニマリスト手前、身の丈に合ったシンプル&ミニマムな暮らし

キッコーマン いつでも新鮮シリーズ醤油 醤油差しを断捨離

AD

キッコーマン いつでも新鮮シリーズの生しょうゆボトル

醤油と言えば小さい頃からキッコーマンで、大人になってからも赤キャップの昔ながらのラベルが貼られたボトルタイプを愛用していました。否、特に深く考えずに手にしていたということ。


一人暮らしで自炊も習慣付いて、開封して日数が経った醤油は今ひとつ…と改めて思い始めました。特にお刺身など加熱せずに醤油をかける場合に劣化は顕著に感じるものでした。

 

醤油ってそんなものでしょう、消費の少ない一人暮らしなら尚更と感じていたものですが、そういや昔に鮮度を保つために袋パックタイプをヤマサが発売していたことを思い出し、改めてスーパーをチェックするとボトルタイプでも酸化防止、鮮度を保つ商品がある事に今更ながら気がついた次第。

この酸化防止のパッケージ構造でモノづくり的に色々試行錯誤や競争などがあったというのは、その昔雑誌の特集か何かで覚えがありました。


常温で鮮度が保てて、柔らかいボトルを一押しでチュッと醤油が必要分出るならば、醤油差し必要ないよね、という事でここ最近から愛用中。

見た目のデザイン重視な方はどうか分かりませんが、緩いミニマリストで常日頃断捨離やらモノを持たない暮らしに気をかけている身としては、小さいようで大きな変化。醤油差しの口がキレイに垂れやすくこびりつき難いグッドデザインな醤油差しも試したことがありますが、口のこびりつきは解消されたけれども蓋のパッキン辺りに醤油が乾燥してこびりついて、結局見た目綺麗とはいきません。その辺りが小ぶりなボトルタイプで全て解消ということ。


2016年の年末年始、実家と祖母宅に出向きましたが、揃いも揃って食卓にはこのキッコーマンのボトルが置いてあり、心の中で密かにクスッとしたものです。やはり便利なこと間違いなしですね。

 

Amazon.co.jp: いつでも新鮮 しぼりたて丸大豆生しょうゆ 450ml×3個